翻訳会社に業務依頼する場合

文章のクオリティ

日本語で作成したwebサイトを全世界に向けて発信したいと考えたときは、少なくても英語には対応させなければいけないでしょう。そのための一番安上がりな方法は、ネット上で誰でも利用できる機械翻訳を使うこ…

時間・費用面は?

webサイト翻訳を専門の翻訳会社に任せる場合には、在籍中のスタッフの語学力や実務経験などを厳しくチェックすることが大事です。特に、語学に関する難易度の高い資格を持つ人や、海外生活の経験がある人が揃…

webサイト翻訳をする時は専門の業者に頼めば良いです

webサイト翻訳をする場合に、ブラウザーの翻訳機能を使えばある程度は翻訳できますが、きちんとした翻訳をしたいなら専門の業者に頼めばしてくれます。

自動・機械翻訳を使う場合

文章のクオリティ

webサイトを世界中のインターネットユーザーにアピールしたい場合には、テキストの翻訳作業に力を入れることがとても大切です。特に、文章のクオリティにこだわってwebサイトの制作をしたい場合には、機械…

時間・費用面は?

インターネット上で無料機械翻訳によるwebサイト翻訳を行う場合、複数の会社でサービスを提供しています。ブラウザの種類によってはボタン1つで手軽に翻訳を行うことが可能で、数分で行えるでしょう。また、…

サイト全体の評価、その後の運用

全世界に向けてwebサイトで情報発信をしたい場合には、多くのネットユーザーから支持されている自動翻訳のツールを導入することがおすすめです。特に、難しい内容の文章をスムーズに翻訳できるツールについて…

サイト全体の評価、その後の運用

機械翻訳を使わずに翻訳することで評価が高まる

通常のWebサイトであれば、機械翻訳である程度の意味がわかります。しかし、学術的なサイトや専門的な説明がなされているサイトの場合、翻訳が機械的では文脈が通じなかったり、意味を取り違えることも珍しくありません。 webサイト翻訳を専門に行っている業者に相談することで、読み違いや意味の取り違えを防ぐことが可能となります。業者に依頼するに当たっては、ネイティブスピーカーに相談することが重要となるでしょう。とくに自社で専門的な内容を世界に発信したい場合、ネイティブスピーカーの中でも専門分野に対して理解している人を指名することが必要となります。専門性の高い翻訳を業務として依頼することで、訪問者からサイトへの評価が高まるでしょう。

専門性の高い多言語サイトの運用

単純に翻訳だけを依頼するのではなく、サイトの運営に関してもある程度相談をすることで、サイトへの評価が中長期的に高まるでしょう。 とくに1つの言語に翻訳するのではなく、多言語に翻訳すること、サイトの運営・管理について相談することは、自社の評価を高めるためにも重要といわれています。 HTMLを活用して翻訳してくれる業者や、その後のアフターフォローがしっかりしている会社であれば、多言語化に対して配慮してもらえる可能性が高いです。業者を選ぶ場合、自社の業務に対して詳しい人材がいるかどうか確認することが重要となるでしょう。とくに大切なポイントとしては、専門用語がわかることや、中長期的なフォローをしてもらえるかどうかです。予算の範囲内で納得できる業者を選んでください。